スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

内野知樹写真展「ほころぶ」

内野知樹写真展 
 「ほころぶ」


会期
2014年2月25日(火)〜3月2日(日)
12:00 〜 19:00 最終日16:00まで

WEB

会場
Roonee 247 photography
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-11 みすずビル1F
http://www.roonee.com/



いろんな土地を見てみたいという興味から、カメラを持って地元の所沢、東京、地方都市を歩きながら何気なく写真を撮っているとある傾向があることに気付く。
所有者のいなくなった乗り物、人が寄り付かなくなった建物、海岸に流れ着く漂着物、打ち捨てられたゴミ、野ざらしの死骸、朽ちていく植物。
見つけてしまい、目にとまり、目が離せず、撮らずにはいられない。
なぜこんなものに惹かれ、撮ってしまうのだろう。
表面上は完璧に見える人間社会のほころびを象徴しているのではないか。根底に私は社会に対する不安や不信感を持っていて、人間はライフスタイルを変える必要に迫られているのでないかと思っている。原発、核の問題でも途方もない期間管理しなければいけないものを生みだしているし、そもそも人間の生活において多くの電力を必要としていることが問題ではないか。身近にあるプラスチック製品も分解されることなく地上に留まってしまう。工場や農業から生み出される危険な物質は大気や大地にばら撒かれ、コンクリートやアスファルトに覆われる世界は植物や動物の生存など考えてもいない。近い将来、人間社会、地球環境をも再生不能に壊してしまうのではないか。そうならないために何かしようと思ってから、地元所沢でのゴミ拾い活動、自然散策、山登りなどのイベントを開催している。
この写真展もそういった活動の一つと言えなくもないが、純粋にカメラを通じて感じた世界、自分の考え、自分自身を表現した。




東京写真展ガイド.com
ナショナルフォート
Tokyo Art Navigation
Facebook
mixi
CJキューブ
個展なび

JUGEMテーマ:写真展

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL