スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

内野知樹写真展「樹は巡る」五日目




写真展五日目。
秋津駅前のマンガ喫茶で起床。
自宅最寄り駅までは後二駅。
前日お酒を飲み、その二駅が遠く、マンガ喫茶に泊まってしまった。
北浦和のお気に入りの店はペントハウス
おしゃれな名前が不釣り合いな味わいのあるお店。
酒場放浪記にも出たといえばイメージは湧くかしら。
サクッと飲んで出たのはいいけど二軒目に行ってしまった。
そんなわけでマンガ喫茶泊、寝不足、意識朦朧、写真展スタート。
土曜日なので人は多く来てくれそうだ。
五日目にもなると写真と自分の対話はほぼ終わっている。
次にどんなことをしよう、ここをこうしよう、これはだめ、やめよう。
あれやこれや。
いろんな人のいろんな意見もとても貴重で有難い。
まだまだ五日目でも気付きを与えてくれる。
面白いことにここにきて新しい感想が出始めた。
展示期間内での和紙の変化。
普通はだめなんだろうけどこの展示にはいい。
よれて浮き上がったり波打ったりしてきている。
変化というのも次回は意識して取り入れてみよう。
この日終わってみると来場者は百人越え。
まわりのグループ展から流れてきているのだけど素直に嬉しい。
残すは日曜日の一日のみ。
最後まで楽しもう。



 
JUGEMテーマ:写真展

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL